車の鍵が抜けなくなったら車屋さんに相談しましょう

毎日から車を運転する機会が多い人が多いと思います。

あなたが大きな買い物をするときに車を持っているなら、遠くへ行きたいときは外出して自由に感じるのが便利です。

このような便利な車は、キーから出るなどのトラブルを引き起こす可能性があります。

車のキーが出てこない理由や、簡単に対処する方法を知っておくと便利だと思います。

今度は車の鍵から抜け出せない時の理由や対策を分かりやすく紹介します。

「毎日頻繁に車を使用する」人は参考にしてみてください。

車のキーが出ない理由①シフトレバー

「シフトレバー」の設定が間違っている可能性は、車のキーが出てこない理由の1つと考えられます。

AT車のキーが消えたら、まず車のシフトレバーを確認しましょう。

「キーインターロック」機能が作動し、AT車のシフトレバーが正しくP(パーキング)に設定されている状態でキーのロックを解除しようとすると、キーを引き出すことができなくなります。

その場合、シフトレバーをP(駐車場)に動かすことでキーを引き出すことができます。

しかし、シフトレバーがP(パーキング)位置に正しく配置されていてもキーを引き出すことができない場合、「キーインターロック」機能が壊れている可能性があります。

その場合は、自分で対処するのが難しいので、車の修理工場に修理を依頼しましょう。

車のキーが出てこない理由②高齢化

「経年劣化」の可能性は、車の鍵が出てこない第2の理由と考えられる。

これは車に限定されるものではないが、車の全車や鍵穴が長期間使用すると劣化する可能性があり、鍵から抜け出すことは困難である。

特に、車のキーやキーホールは、抜き差しが繰り返し行われるため、キーが磨耗したり、変形したりする可能性がある。

何年も同じ車に乗っていて、車の鍵を引き抜けないと決めた場合は、車の販売店に鍵交換を依頼しましょう。

車のキーが取り外せない理由③シリンダー

車のキーが外れない第3の理由として、「シリンダ」の損傷が考えら​​れます。

車自体のキー自体が問題ではないとしても、シリンダーが破損しても、キーは再び外れません。

その場合、キーを強制的に抜き差しすることで状況がより深刻になる可能性がありますので、修理のために速やかにディーラーに相談しましょう。車のキーが出てこない理由の一つは、「大型車」に特有のキーシステムの問題です。

一般的な普通車とは異なり、トラックなどの大型車にはキー入力口の近くにボタンがある場合があります。

その場合、ボタンを押しながら回転しないと、キーを取り外せない機構である可能性があります。

したがって、大きな車に乗るときは、港を徹底的にチェックしましょう。

車のキーが欠けていないときの対処方法

車のキーが出てこないときは、自分でできる対策がいくつかあります。

誰もが突然、あなたが車の鍵から抜け出せないならば、あなたが気難しかったと思っています。しかし、落ち着いて対処すれば、意外に簡単に解決できるかもしれません。

緊急時には、それに対処する方法を確認しましょう。

対応策1:ステアリングを左右に動かす

車のキーが出ない場合は、ハンドルがロックされている可能性があります。

ハンドルがロックされているかどうかを確認するには、一度も外れていないキーをオフにしてみましょう。

キーを回すことができないようであれば、ハンドルロックが原因である可能性が高いです。

ハンドルロックのためにキーを取り外せない場合は、車のハンドルを左右に動かしてキーを取り外すと外れることがあります。

対策2:潤滑剤

キーホール専用の潤滑剤を注油すると、キーが外れやすくなります。

ただし、このようにキーを引き出すことができたとしても、キーが簡単に取り除かれなかった理由をしっかりと特定する必要があります。

あなた自身を調べて原因を知らない場合は、すぐに自動車販売店で調べるか、店を直すことをお勧めします。

鍵穴専用の潤滑剤は手元にないため、グリースと呼ばれる粘性の高い潤滑剤の代わりに絶対に避けてください。

潤滑油の組成によっては、予めキーホールに付着していた潤滑油が溶けたり、オイルホールがキーホールに詰まって埃が付着して除去できないことがあります。

キーホールは複雑で繊細なものになっているため、不適当な潤滑油を塗ってしまうとさらに状況が悪化する可能性があり、注意が必要です。

まとめ

私は車の鍵がこれまでに出てこない理由とその対処方法を紹介してきました。

あなたができる対策として、ハンドルを動かす方法と潤滑剤を使う方法がありますが、どちらも簡単にできるので、覚えておくと便利かもしれません。

しかし、車は重要な財産であるため、あなた自身で対処しても症状が改善されなければ、過剰なストレスをかけることなく専門家に任せておくことをお勧めします。

関連記事

ページの先頭へ