会社のロッカーの鍵をなくしたらどうしたらいい?

“私は会社のロッカーキーを紛失しました…” “私は駅のロッカーの鍵を紛失しました…”そのような聴聞会の経験はありませんか?

後で出てくる人もいるかもしれませんが、そうでない人もいます。

ロッカーは荷物を保管するのに非常に便利ですが、キー管理を怠るとキーを紛失し、後で急いでしまいます。

このような経験をしないためには、ロッカーのキーをいつものように正確に管理する必要があります。

しかし、ちょっとしたことで鍵を失うことがあります。

今回は、そのような時間のために失われたロッカーキーに対処する方法を示します。

ロッカーの鍵を紛失した場合の対処方法

会社のロッカーの場合は、まず上司に報告してください

“いくつかの貴重品はロッカーに入れられていないが、いくつかの鍵は失われてもロッカーは黙っている”という人もいるかもしれないが、一部の企業ではセキュリティ上の問題のためにロッカーを一つずつ厳しく管理している

場合があります。

また、ロッカーの予備の鍵を持っている企業もあるので、最初に上司に報告しましょう。

貿易会社に鍵を開くよう依頼する

会社に予備のキーがない場合は、キーを開く必要があります。

このとき、強制的に開こうとすると、キーが壊れる可能性があるので、キーを押すことにしましょう。

単純な仕組みであれば、犯罪防止能力の高いロッカーであれば、壊したり開けたりすることなく開くことができます。

それから、新しい鍵を取り付けするまでやります。

会社に抵抗できないようにキーを作ることは可能ですか?

“ロッカーの鍵が失われているので、上司に報告すると怒ってしまう… …だから静かにしましょう…” “重複する鍵を秘密にすると思う人もいるかもしれない”と思う人もいますが、
ロッカーの鍵を失う

あなたがキーを黙って作ったことを発見した場合、しばらくしてから重大な過失および責任の問題に発展する可能性があります。

最悪の場合、解雇できるだけでなく、信用を失うこともありますので、決して会社の中で無音で鍵を作ることはできません。

まず、私に報告して謝り、私に反映させましょう。

また、盗難の可能性がある場合は、上司に報告した後、警察に「失礼通知」を報告させてください。

遺失物の届出は、最寄りの警察署だけでなく、電話やインターネットでも受け付けます。

メーカー名とキー番号がわかっている場合は作成できます

ロッカーの鍵を紛失した場合、鍵を作成するときに何人ですか?

ロッカーのキーは、以下の項目を理解することで作ることができます。

・製造名

キーメーカーには「MIWA(みわロック)」「ゴール(ゴール)」「SHOWA(昭和昭和)」などのキーメーカーが刻印されています。

キーを作るための製造元を調べてみましょう。

キー番号

ロッカーの鍵穴にはアルファベットと数字が刻印されていますので、キー番号を周囲のロッカーのキー番号と区別しましょう。あなたが作りたいキーがどんなキーで使われているか教えてください。

ロッカーであればロッカーキーとしましょう。

・メーカーなど知らない場合

キーのメーカーや番号がわからない場合は、キークリエイターに「鍵穴の鮮明な画像」、「ロッカーの全体像」などを表示させてください

ロッカーキーが失われるのに必要な費用

ロッカーの鍵を紛失した場合、原価は約3,000円〜5,000円になります。

自己支払いに加えて、この手数料は会社の規制に応じてそれよりも低くなります。

会社のロッカーを使用するためのルールを熟読し、ルールに従って金額を支払うようにしてください。

鍵を交換する場合は、4,000〜15,000円の費用がかかりますが、損失のために会社のすべてのロッカーが負担する可能性があるため注意してください。

駅などの硬貨ロッカーの鍵の紛失にどう対処するか

会社のロッカーではなく、駅などのコインロッカーの鍵を失うことがあります。

その場合の対処方法は次のとおりです。

①コインロッカー事務所に連絡する

コインロッカーの鍵を紛失した場合、駅のスタッフに連絡しても、ほとんどが管轄外です。

コインロッカーを管理するオフィスの連絡先は、コインロッカーの場所のどこかに記載されているので、最初に連絡しましょう。

②キーを開いてください

連絡を取ると、マスターキーを持った店員がロッカーのキーを押し上げて開きます。

現時点では、あなたがロッカーに荷物を持っているかどうかについてあなたの身元を示す必要があるので、あなたの身分証明書を提示しましょう。

駅などのコインロッカーのキーを紛失した場合の費用見積もり

駅などのコインロッカーの鍵を紛失した場合は、鍵を開けた後、規則に従ってコインロッカーの使用料と価格を支払う必要があります。

経営陣によっては、キーロスは1,500円〜2,000円となります。

ただし、事務所によってはそれ以上の場合もありますので注意してください。

駅の硬貨ロッカーを管理する事務所では、お問い合わせ時間が決まっていることが多いので、管轄時間外の連絡はやめてください。

また、ロッカーは有効期限が決まっていることが多く、失われたために鍵を離れると、手荷物が処分される可能性があります。

早く私に知らせて、私の鍵を紛失したことを管理会社に知らせてください。

まとめ

ロッカーの鍵を紛失した場合は、盗難などの盗難に遭っている可能性があります。また、責任の問題について尋ねられることもあります。

通常の場所から適切に管理し、失われない場所に保管しましょう。

ロッカーの鍵の盗難の場合は、紛失通知を警察に提出し、上司にも報告させてください。

駅のロッカーは旅行中には便利ですが、旅行中に鍵を失う可能性があります。

あなたがそれを紛失した場合は、管理会社にしっかりと連絡してください。

関連記事

ページの先頭へ